ここから本文です

糸数陽一が連覇、宮本昌典2位 いわて国体・重量挙げ

沖縄タイムス 10/2(日) 9:40配信

 【岩手国体取材班】「広げよう 感動。伝えよう 感謝。」をスローガンに、第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」の総合開会式が1日、岩手県北上市の北上陸上競技場で行われ、11日間にわたる熱戦が始まった。

 第1日は重量挙げも始まり、成年男子69キロ級で東京都代表で同階級に出場した糸数陽一選手(豊見城高-日大-警視庁)がスナッチ136キロ、ジャーク170キロを挙げ、大会新記録となるトータル306キロで2連覇した。宮本昌典選手(沖縄工業高-東京国際大)はスナッチ137キロで優勝。トータルは303キロで準優勝だった。

 県勢は32競技に本部役員らを除く監督・選手321人が参加。総合成績で2011年の山口国体以来となる「30位台獲得」を目指している。

最終更新:10/2(日) 9:40

沖縄タイムス