ここから本文です

ジミー・ペイジ、レッド・ツェッペリン最新ライブ盤の全貌を語る

RO69(アールオーロック) 10/2(日) 12:08配信

11月11日(金)に日本で初開催される「CLASSIC ROCK AWARDS」への出演も発表されたジミー・ペイジだが、9月に発売されたレッド・ツェッペリンの最新ライブ盤『コンプリートBBCライヴ』についてジミー・ペイジ本人が語ったインタビューが、現在発売中の『ロッキング・オン』11月号に掲載されている。

その中でペイジは、ラジオから録音したツェッペリンの音源が東ヨーロッパのブートレック市場で普通に出回っていたという状況について「当時はブートレッグ盤やブートレッグ市場がかなり台頭していたからね。ただし、今ではうちのバンドがブートレッグ市場を牛耳ってるわけさ! こうして未発表の音源を大放出してやってね(笑)」と語った。さらに、BBCラジオのライブ企画『イン・コンサート』については以下のように明かした。

「この企画が実現するまでに何度かオーディションみたいなプロセスを経てるっていうことは知ってるよね。いくつかの書類と共に文書が送られてきて、初回のライヴはオーディションに近い形になる、というような文面が書いてあってね。要するに、色んな番組のプロデューサーを前にオーディションのように審査される形で行われるということだったんだけど、それがまたなかなか珍しいというか、最初のセッションが終わった後に、再びスタジオに呼ばれて演奏をさせられて、最終的にはたぶん4回くらいセッションをやらされたんじゃないかな。そのたびにBBCから文書が送られてきて、『オーディションに合格しました』という(笑)」

また、当時のBBCセッションやバンドの状況について、ジミー・ペイジ本人が詳細に明かした貴重なインタビューとなっている。

『ロッキング・オン』11月号の詳細はこちらから。
http://www.rockinon.co.jp/product/magazine/143349

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/2(日) 12:08

RO69(アールオーロック)

なぜ今? 首相主導の働き方改革