ここから本文です

地酒も文化の一つ 乾杯いしかわ会議、振興へ取り組み

北國新聞社 10/2(日) 3:31配信

 「地酒で乾杯いしかわ会議」のパーティーは1日、金沢市の金沢東急ホテルで約160人が出席して開かれ、地域の文化の一つとして日本酒が認識されるよう、石川の地酒の振興に向けた取り組みを進めることを確認した。

 会長の飛田秀一金沢経済同友会相談役・石川県芸術文化協会会長は、多くの会合で地酒での乾杯が行われるようになったと指摘し、「文化立県を支える業界の一つとして認識されるよう、地酒に関わる人が連携して、機運を高めてもらう努力を続けたい」と述べた。中西吉明副知事があいさつし、岡田直樹参院議員、顧問の宮本周司参院議員、細田大造金沢市副市長が祝辞を述べた。

 鏡開きに続き、顧問の深山彬金沢商工会議所会頭の発声で乾杯した。加賀山紋さんの歌謡ショーの後、幹事の中島秀雄金沢商工会議所副会頭が中締めし、副会長の吉田隆一県酒造組合連合会長があいさつした。

 石川の地酒イベントとして、2013年から開催されている「サケマルシェ」(北國新聞社後援)は今年は29日に開かれる。

北國新聞社

最終更新:10/2(日) 3:52

北國新聞社