ここから本文です

大迫、幻弾で3戦連発ならずも…王者バイエルンの開幕連勝止める千金ドロー

ゲキサカ 10/2(日) 0:26配信

[10.1 ブンデスリーガ第6節 バイエルン1-1ケルン]

 ブンデスリーガは1日、第6節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンは敵地で開幕5連勝中の王者バイエルンと対戦し、1-1で引き分けた。2戦連発中の大迫は2トップの一角で5試合連続の先発出場。3戦連発はならなかったが、後半43分までプレーし、勝ち点1獲得に貢献した。

 序盤からゲームを支配するバイエルンに対し、ケルンは我慢の時間が続く。前半23分にはカウンターからロングボールをFWアントニー・モデストが落とし、大迫がPA手前から右足でミドルシュート。しかし、これは力なく、GKマヌエル・ノイアーに正面でキャッチされた。

 押し込みながらゴールの遠いバイエルンだったが、前半40分、左サイドをオーバーラップしたDFフアン・ベルナトのクロスをMFジョシュア・キミッヒがダイビングヘッドで流し込み、先制点を奪った。

 後半もバイエルンがボールを支配するが、後半5分、ベルナトの左クロスに合わせたFWトーマス・ミュラーの左足シュートはゴール左へ。同10分にはDFハビ・マルティネスのシュートがポストに当たる場面もあった。

 すると後半18分、ケルンは右サイドからMFマルセル・リッセがアーリークロス。これにモデストが飛び込み、右足のジャンピングボレーで合わせた。身体能力を生かしたアクロバティックなシュートにノイアーも反応し切れず、値千金の同点ゴール。少ないチャンスを生かして試合を振り出しに戻した。

 ケルンは後半26分、スルーパスに抜け出した大迫が右足でゴールネットを揺らすが、オフサイドの判定。幻の勝ち越しゴールに思わず両手で顔を覆い、咆哮した。攻勢を強めるバイエルンは後半32分、MFシャビ・アロンソの左CKにミュラーが右足ボレーで合わせるが、GKティモ・ホルンが弾いたボールがポストを叩く。終盤は猛攻を見せたが、2点目を取り切れなかった。

 粘り強いディフェンスで王者の攻撃をしのいだケルン。後半アディショナルタイムにはカウンターから絶好のチャンスもあったが、FWジモン・ツォラーのシュートはわずかにゴール右へ。大金星とはならなかったが、敵地で1-1の引き分けに持ち込み、貴重な勝ち点1を獲得した。

 9月28日に行われた欧州CLのアトレティコ・マドリー戦(0-1)で今季公式戦初黒星を喫し、開幕からの公式戦連勝が8でストップしたバイエルンだが、これでリーグ戦も開幕5連勝でストップ。ケルンは3勝3分の無敗を守り、バイエルンを勝ち点4差で追っている。

最終更新:10/2(日) 0:30

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。