ここから本文です

ヘーレンフェーンはPSVに追いつかれドロー…小林が先制弾の起点に

ゲキサカ 10/2(日) 7:26配信

[10.1 エールディビジ第8節 ヘーレンフェーン 1-1 PSV]

 エールディビジは1日、第8節2日目を行い、MF小林祐希が所属する4位ヘーレンフェーンはホームで3位PSVと対戦し、1-1で引き分けた。リーグ戦4試合連続スタメンの小林は先制ゴールの起点を作り、後半アディショナルタイムまでプレーしている。

 デビュー戦となった第5節トゥエンテ戦(3-1)以降、公式戦全試合で先発起用されている小林。この日も安定したパス供給や素早いカバーリングを見せ、中盤で攻守にわたって機能した。

 小林は前半25分に左サイドのスペースに持ち出し、左足で狙い澄ましたクロスを送るが、相手GKがキャッチ。両チームとも得点は生まれず、スコアレスで前半を折り返した。

 ホームのヘーレンフェーンは後半27分、左CK崩れから攻撃を作り直し、右サイドの小林が左足でクロス。相手DFに触られてファーへ流れたボールをFWアーバー・ゼネリが拾い、PA内左から右足でシュートを打つが、相手GKの正面を突いた。

 それでも徐々に得点の匂いが出始めたヘーレンフェーンは、後半27分に先制に成功。中盤で相手のクリアボールを回収した小林が右のMFペッレ・ファン・アメルスフォールトに素早くつなぎ、アメルスフォールトはダイレクトで縦パスを送る。

 これを受けたFWルシアーノ・スラフフェールがスピードに乗ってPA内右に進入すると、スラフフェールのゴロの折り返しに逆からフリーで走り込んだゼネリが右足で合わせ、先制ゴールを奪取。小林を起点とした攻撃からヘーレンフェーンが均衡を破った。

 しかし、強豪PSVも黙ってはいない。後半30分にPA内右のFWガストン・ペレイロが個人技から右足でシュート。これがヘーレンフェーンのDFヨースト・ファン・アーケンとDFジェリー・サン・ジュステに当たって決まり、オウンゴールで同点に追いついた。

 勝ち越しを狙うヘーレンフェーンは攻撃性を失わずに前へ出ていったものの、互いに次の1点は生まれず。小林が後半アディショナルタイム3分にスタンドから拍手を受けて途中交代すると、試合はそのまま1-1で終了した。

最終更新:10/16(日) 4:14

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]