ここから本文です

4位岡山がクラブ史上初の1試合5発!!岐阜を粉砕し2位松本と勝ち点6差をキープ

ゲキサカ 10/2(日) 22:59配信

[10.2 J2第34節 岐阜0-5岡山 長良川]

 4位ファジアーノ岡山はアウェーでFC岐阜と対戦し、5-0で大勝した。2試合連続でスコアレスドローに終わっていたが、この日は攻撃陣が爆発。09年のJ2昇格後、クラブ史上初となる1試合5得点のゴールラッシュを見せた。3試合ぶりの白星で4戦負けなし(2勝2分)。自動昇格圏内となる2位松本との勝ち点6差をキープした。

 立ち上がりから岡山が主導権を握り、ゴールを量産した。まずは前半4分、左後方からのクロスをMF風間宏矢が胸で落とすと、FW赤嶺真吾とFW伊藤大介の細かいパス交換から最後は伊藤が左足でミドルシュート。開始早々に幸先良く先制した。

 勢いに乗る岡山は前半10分、伊藤の右CKに赤嶺が頭で合わせると、ゴール前のFW押谷祐樹が左足で角度を変え、リードを広げた。その3分後となる前半13分にはMF矢島慎也がPA内でMF小野悠斗に倒され、PKを獲得。キッカーの押谷は落ち着いてゴール左に流し込み、この日2得点目となる追加点で3-0と突き放した。

 3点ビハインドの岐阜も前半30分、センターサークル付近からのロングフィードを右サイド敵陣深くでDF阿部正紀がおさめ、ファーサイドにクロス。これに走り込んだFW難波宏明がPA左から強烈なシュートを放つが、惜しくもクロスバーを直撃し、無得点のまま前半を折り返した。

 3点リードでも攻撃の手を緩めない岡山は後半26分、伊藤がPA内に浮き球のパス。DF田代雅也が処理にもたつく間に途中出場のFW豊川雄太がボールを奪い、角度のない位置から右足でゴールネットを揺らした。後半37分には伊藤の右CKを豊川がヘディングで叩き込み、自身2得点目。5-0のゴールラッシュを締めくくった。

 J2残留へ勝ち点を積み上げたかった岐阜だが、今季ワーストタイとなる5失点の大敗を喫し、連勝は2でストップ。順位は20位のまま変わらなかったが、J2・J3入れ替え戦圏内となる21位金沢、降格圏の22位北九州がともに引き分けたため、勝ち点差はそれぞれ「4」と「5」に縮まっている。
●[J2]第34節 スコア速報

最終更新:10/2(日) 23:12

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。