ここから本文です

[国体少年男子]スピード、体力で存在感示した“00ジャパン候補”、北海道の左SB福田が劇的勝利に貢献

ゲキサカ 10/2(日) 23:12配信

[10.2 国体少年男子1回戦 静岡県 0-1 北海道 遠野運動公園陸上競技場]

 北海道は後半、静岡県を上回るような走力を発揮。特に石尾浩一監督(旭川東高)は左サイドを何度も駆け抜けたSB福田心之助(札幌U-18、1年)について「よく走ってくれました」と評していた。最後は“走り過ぎて”足を攣らせていたものの、北海道の「左」は抜群のスピードと体力を発揮して静岡県を苦しめていた。

 強豪・札幌U-18で先発起用される回数を増やしているという期待のSB。「元々結構体力に自信があって、チームにも求められているところがSBで攻守に絡めるようにということ。しっかり意識していた。今回は得点までは決められなかったんですけど、チャンスつくれたし、チームに貢献できたと思います」。相手のオープンスペースを狙ったランニングと守備面でも奮闘。勝利に大きく貢献したひとりだった。 

 福田は中学3年生だった昨年、U-15日本代表候補合宿に参加。だが、同世代のトップレベルの選手たちが集まる中で「自分で良さを全然出せなかった。何もできなかった」と振り返る。そこから意識してきたのは自分の特長を磨くこと。「自分の特長であるスピードや運動量を磨いてきた。それだけでは通用しない部分あると思うので、しっかり技術を上げていきたい」。攻守における1対1の強さ、クロスを上げ切るなど高い位置での攻撃をやり切ることについても課題をもってやってきた。今回の国体はそれを試す場であり、もう一度代表に入り、世界で戦うためのアピールの場でもある。

 00年生まれ以降のU-16日本代表“00ジャパン”は9月のAFC U-16選手権で4強入りし、来年のU-17W杯出場権を獲得した。その舞台に立つため、福田はまだまだ走り続ける。


 

最終更新:10/2(日) 23:12

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革