ここから本文です

再生回数4000万回を超える「ウーバー・エブリウェア」の若手ラッパーが今月、渋谷VISIONに登場

bmr.jp 10/3(月) 20:30配信

再生回数4000万回を超える「ウーバー・エブリウェア」の若手ラッパーが今月、渋谷VISIONに登場

再生回数4000万回を超える「ウーバー・エブリウェア」の若手ラッパーが今月、渋谷VISIONに登場

日本でも話題になっているタクシー配車サービス/アプリ「Uber」をテーマに扱った“Uber Everywhere”という曲が昨夏から今春にかけて大きな反響を呼び、ビデオの総再生回数は4000万回を超える24歳ラッパー/プロデューサー、メイドイントキオ(MadeinTYO)が、今月来日することが明らかになった。

本名をマルコム・デイヴィスといい、ラッパーのロイス・リジーの実弟としても知られる彼は、ハワイ生まれだが、軍人である父親の都合で様々な土地を転々として育ち、10代の頃には横須賀に住み、東京の高校に通いながら6年間を日本で過ごしたという。そうした経緯からメイドイントキオというアーティスト・ネームを名乗っており、また過去には『Yokosuka Station』というEPも発表。ネプチューンズなどの影響を受けて自分でもビートを作るようになり、現在はアトランタを拠点にラッパー/プロデューサーとして活動している。

中でもK・スウィシャが手がけた“Uber Everywhere”は、昨年7月に音源が発表され、8月にミュージック・ビデオが公開されると、耳に残る「skrr skrr」という合いの手や、クセになるフック、「Uber」をネタにしたラップの面白さもあってじわじわとインターネットを中心に話題を呼び、今年2月にメジャー・レーベルのWarner Bros. Recordsから正式にシングル発売が決定。トラヴィス・スコットがリミックスに参加したり、トレイ・ソングスらが自身のリメイク・バージョンを発表するなど反響はさらに広がり、米ラップ・チャートで最高11位、総合でも最高51位にランクインするスマッシュ・ヒットに。現在、ビデオの総再生回数は4200万回を突破している。

今年4月には、この“Uber Everywhere”を収録したEP『You Are Forgiven』を無料公開、また8月にはトラヴィス・スコット参加版の“Uber Everywhere”を収録した商業バージョンをデジタル販売。さらに同月にはミックステープ『Thank You, Mr. Tokyo』をリリースするなど勢いを増しているメイドイントキオが、この10月に来日することが決定。先月はエイサップ・ファーグが緊急出演したパーティ〈Public Laboratory〉に出演する。今回の〈Public Laboratory〉は、10月15日(土)に渋谷SOUND MUSEUM VISIONで開催。日本とも縁深い注目の才能を間近で観ることができるチャンスだ。また、メイドイントキオに加えて、メジャー第二弾『BLKFLG』を今年7月にリリースし、先日ツアーを終えたばかりのANARCHYや、渋谷を拠点とする新世代のクルー、kiLLaのライブ出演も予定されている。

〈Public Laboratory | special guest: MadeinTYO〉
日時:2016年10月15日(土)OPEN 22:00
会場:渋谷SOUND MUSEUM VISION
¥2500 ADV
¥3500 DOOR

■ GAIA [HIP-HOP]
LIVE:
MadeinTYO
ANARCHY
kiLLa Crew

DJ:
DJ NOBU aka BOMB RUSH
HOKUTO
ALAMAKI
KEKKE
DAISUKE (MAGIC STICK)

■ DEEP
DJ:
SUGI
FUJI
L-ssyde
KAY
T.D-C
RAID
KOUKI
MIYU

MC:
JIROTOKYO

■ WHITE [HIP-HOP]
DJ:
MARZY
NO FLOWER
Lisachris
YUA
RiKiYA(youthquake)
1_sail(youthquake)

■ D-LOUNGE produced by Jon-E Jon E [VIP]
Jon-E

最終更新:10/10(月) 20:10

bmr.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]