ここから本文です

映画『The Birth of A Nation』にインスパイアされたコンピレーション・アルバムが配信開始

CDジャーナル 10/3(月) 18:05配信

 2016年10月7日(金)にアメリカで上映される、映画『The Birth of a Nation(原題)』(日本公開未定)。公開に先がけ、映画にインスパイアされたコンピレーション・アルバム『The Birth of a Nation: The Inspired By Album』の配信がiTunes で開始されました。収録曲はリリース元の「アトランティック・レコード」の公式YouTube(youtu.be/4DblRbhW57Q)で試聴も可能です。

 今回配信されたコンピレーション・アルバムには、ヴィック・メンサ(Vic Mensa)、ナズ(Nas)、トレイ・ソングス(Trey Songz)、ニーヨ(Ne-Yo)らが参加。それぞれが映画からのインスピレーションを受け制作された新曲が収められています。

 1915年に公開されたD.W.グリフィスの代表作にして、アメリカ初の長編映画『國民の創生』と同じ原題が付けられた映画『The Birth of a Nation』は、ネイト・パーカーが監督 / 脚本 / 主演を担当。1831年の米バージニアを舞台に、実在した黒人解放運動の指導者ナット・ターナーが起こした“ナット・ターナーの反乱”を描いた一作で、2016年1月に米ユタで開催された〈第32回サンダンス映画祭〉で観客賞と審査員賞を受賞しています。

最終更新:10/3(月) 18:05

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]