ここから本文です

どきどきキャンプ佐藤満春がトイレソング作った

デイリースポーツ 10/3(月) 5:59配信

 お笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春(38)がプロデュースする6人組バンド「サトミツ&ザ・トイレッツ」が、CDデビューすることが2日、分かった。『トイレの日』である11月10日に、シングル「あしたトイレに行こう」を発売する。

【写真】どきどきキャンプ 「24」ネタ下手に

 「トイレクリーンマイスター」の資格を持つなど芸能界随一の“トイレ博士”である佐藤。「小学校の男子がトイレに行けない問題を何とかしたい。学校のトイレに行くことをポジティブに歌う、メッセージソングができたら」という思いに賛同した知人ミュージシャンたちが昨年2月にバンドを結成した。

 メンバーは、キンモクセイ・佐々木良、伊藤俊吾、元くるり・森信行、GOMES THE HITMAN・山田稔明、元ゲントウキ・伊藤健太と本格派がそろった。佐藤は作詞やトロンボーンも担当。1年半でライブを3度こなし、念願のCDリリースとなった。

 トイレソングの代表格といえる植村花菜の「トイレの神様」は、2010年のNHK紅白歌合戦で歌唱曲となるなど大ヒット。佐藤は「植村さんや、『うんこ』という曲を歌っておられる森山直太朗さん、(米ロックバンドの)TOTOと一緒にトイレフェスを開催したいですね」と“同志”とのコラボを夢見ていた。

最終更新:10/3(月) 7:00

デイリースポーツ