ここから本文です

スムース・ジャズのトップ・サックス奏者、ネルソン・ランジェルがオールスター・バンドを率いて11月来日

CDジャーナル 2016/10/3(月) 18:04配信

 デヴィッド・サンボーン、デイヴ・コーズと並び称されるスムース・ジャズ~フュージョンのトップ・サックス奏者、ネルソン・ランジェル(Nelson Rangell)がオールスター・メンバーによるバンドを率いて11月5日(土)から7日(月)の3日間、東京・丸の内 COTTONCLUBにて来日公演を行ないます。

 共演は「モーニング・ダンス」の爆発的ヒットで知られるユニット、スパイロ・ジャイラのメンバーであるトム・シューマン(key)とジョエル・ローゼンブラット(dr)、そしてギタリストはスペシャルEFXのフロントマン、キエリ・ミヌッチ、ベーシストにはグローヴァー・ワシントンJr.のグループやザヴィヌル・シンジケートで活動したジェラルド・ヴィーズリーというオールスター・メンバー。ランジェルのオリジナル曲に加えて、各メンバーの代表曲もたっぷり披露される予定。

最終更新:2016/10/3(月) 18:04

CDジャーナル