ここから本文です

高畑充希のキャバ嬢姿を捉えた「アズミ・ハルコは行方不明」場面写真が解禁

映画ナタリー 10/3(月) 6:00配信

蒼井優が主演を務める「アズミ・ハルコは行方不明」より、キャバ嬢姿の高畑充希を捉えた場面写真が解禁された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「アズミ・ハルコは行方不明」は、山内マリコの同名小説を「私たちのハァハァ」の松居大悟が映像化した青春ストーリー。独身OL・安曇春子の失踪をきっかけに起こる出来事を、彼女が消えるまでと消えたあとの時間を交錯させながら描く。蒼井が春子を演じ、その脇を高畑、太賀、葉山奨之、石崎ひゅーいが固める。

高畑が演じるのは、キャバクラに務め、大賀扮するユキオが始めた“行方不明の女の顔のグラフィティ拡散”を手伝う20歳のギャル・木南愛菜。高畑は「撮影時期は愛菜がわからなくてわからなくて、ただただがむしゃらだったので、完走した時にちゃんと1人の人間になっていて本当にホッとしました」と述べる。また主演を務めるNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」に触れ「とと姉ちゃんも愛菜も、自分自身とは相容れない部分があるキャラクターだったのでとても難しく、だからこそ余計に愛おしく。そういうチャレンジをこれからも積み重ねていきたいな、と思いました」と女優としての意気込みを語った。

「アズミ・ハルコは行方不明」は、12月3日より東京・新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。なお本作は、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品される。

高畑充希 コメント
撮影時期は愛菜がわからなくてわからなくて、ただただがむしゃらだったので、完走した時にちゃんと1人の人間になっていて本当にホッとしました。愛菜に出会えて、ハルコチームに出会えて、良かったです。
とと姉ちゃんも愛菜も、自分自身とは相容れない部分があるキャラクターだったのでとても難しく、だからこそ余計に愛おしく。そういうチャレンジをこれからも積み重ねていきたいな、と思いました。あと単純に、朝ドラの直後がアズミハルコ、というのは、なんて素敵なタイミングだろう!と。
お客さんにニヤッとしていただければ幸せです。



(c)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会

最終更新:10/3(月) 6:00

映画ナタリー