ここから本文です

ノンスタ石田がアルピーら3組にダメ出し、何をスカして漫才やってんねん

お笑いナタリー 10/3(月) 8:00配信

本日10月3日(月)深夜の「EXD44」(テレビ朝日系)でNON STYLE石田が、バッドボーイズ、東京ダイナマイト、アルコ&ピースの漫才にダメ出しする。

このたび展開される企画のタイトルは「石田よ! 俺たちのネタ どこが悪いか教えてくれ!」。ノンスタのネタ作りを担当し、2008年の「M-1グランプリ」王者でもある石田は、3組のコンビが客前で披露する漫才を別室でモニタリングしたあと、本人たちと対面する。

バッドボーイズ清人が「ネタの最後のパートがやっていて一番気持ちいい」と話すと、石田は「漫才は娯楽。自分がドヤ顔で出すなんてどうでもいい」とバッサリ。東京ダイナマイト・ハチミツ二郎に「お前の言っていることは“教科書”の範囲。NON STYLEの漫才は同業者からしたら台本が見えてくる」と攻められると「漫才はあくまで観客に向けるもの」と反論する。

またアルコ&ピース平子が「自分が面白いと思っているネタを泥臭く提示するのは魅力的だと思う」と語った際には、「それはただのきれいごとでしかない」と一刀両断。さらに石田は「劇場に出ている先輩芸人全員に言いたい! 何をスカして漫才やってんねん!」と言い放つ。収録現場がピリついたという本音の応酬をお見逃しなく。

EXD44
テレビ朝日系 2016年10月3日(月)24:15~24:45
<出演者>
バカリズム / YOU
スタジオゲスト:博多華丸
VTR出演:NON STYLE石田 / バッドボーイズ / 東京ダイナマイト / アルコ&ピース

最終更新:10/3(月) 8:00

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]