ここから本文です

オンライン検索で“最も危険”なセレブはエイミー・シューマー

映画.com 10/3(月) 12:00配信

 [映画.com ニュース] インテル・セキュリティが、毎年恒例の「オンライン検索で最もリスクの高いセレブ」リストを発表した。

 10周年を迎える2016年版の第1位は、テレビ番組「インサイド・エイミー・シューマー(原題)」、コメディ映画「Trainwreck(原題)」で知られるエイミー・シューマー。今夏発売された自伝「The Girl with the Lower Back Tattoo」がニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーランキング(ノンフィクション)でトップに輝いた、旬のコメディエンヌだ。

 インテル・セキュリティの発表によれば、シューマーの名前を検索すると、ウイルスやスパイウェアがダウンロードされるサイトにつながりやすく、その確率は16.11%だという。また、第2位は、お騒がせ歌手のジャスティン・ビーバーで15%。第3位は、テレビ司会者のカーソン・デイリーで13.44%だった。

 「オンライン検索で最もリスクの高いセレブ」トップ10は以下の通り(カッコ内は確率)。

1.エイミー・シューマー(16.11%)
2.ジャスティン・ビーバー(15.00%)
3.カーソン・デイリー(13.44%)
4.ウィル・スミス(13.44%)
5.リアーナ(13.33%)
6.マイリー・サイラス(12.67%)
7.クリス・ハードウィック(12.56%)
8.ダニエル・トッシュ(11.56%)
9.セレーナ・ゴメス(11.11%)
10.ケシャ(11.11%)

最終更新:10/3(月) 12:00

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]