ここから本文です

KLab子会社がVRモバイルゲーム3作を同時リリース! スマホを銃に見立てるゾンビSTG『ROARZ VR』など

インサイド 10/3(月) 19:04配信

KLabのフィリピン子会社となるKLab Cyscorpions Inc.が、複数のスマートフォンを利用したVRモバイルゲームを発表しました。

【関連画像】

近年、数多くのVRコンテンツが発表またはリリースを迎えていますが、その多くは専用コントローラー機器を必要とするか、ヘッドマウントモニターの動きによる操作が主流となっています。ですがKLab Cyscorpionsは、モニター用とコントローラー用に2台以上のスマートフォンを連携させ、スマホの機能をコントローラーとして代用することで、リッチな体験を提供してくれるVRモバイルゲームを開発。新たな専門機器を購入する必要がないため、スマホユーザーが手軽にVRモバイルゲームを楽しむことができます。

■『ROARZ VR』

モニター用のスマートフォンと、銃口の方向・発砲・リロードをコントロールするスマートフォンの2台で楽しみめる、ゾンビシューティングゲームです。現在、Android版が配信中。iOS版の提供は10月中旬を予定しています。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=OQz1ILQpBuE



■『ROAD KILLZ』

最大4台のスマートフォンをそれぞれ、モニター、ハンドル、アクセル、ブレーキとして個別に設定し、車を操作してゾンビを倒していくゲームです。現在、Android版が配信中。iOS版の提供は10月中旬を予定しています。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=w48hTDid6BE



■『HEADSHOT』

スマートフォン1台で楽しめ、ボールの方向に合わせてヘディングシュートを決めるシンプルなゲームとなっています。現在、Android版が配信中。iOS版の提供は10月中旬を予定しています。

YouTube 動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=NSaqT4WiQSM



Copyright (C) KLAB CYSCORPIONS INC. 2016

最終更新:10/3(月) 19:04

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]