ここから本文です

【Krush】初防衛戦の渡部太基「圧倒的に勝つ」

イーファイト 10/3(月) 21:42配信

 10月15日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『Krush.70』で、Krush -67kg王座の初防衛戦に臨む渡部太基(Golden Globe)が、3日(月)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

【フォト】公開練習を終えコメントを述べる渡部

 現在のコンディションについて「疲れはたまっていますが動きは悪くない」と話す渡部。公開練習ではパンチのみのミット打ちを披露するにとどまったが、気迫のこもった表情で持ち前の強打を打ち込み、ジム内に快音を響かせた。

 渡部は今年1月に牧平圭太を破って王座奪取に成功。その後はK-1のリングで4月に山崎陽一、6月に城戸康裕と対戦。いずれもスーパー・ウェルター級(-70kg)に階級を上げての試合であったが、渡部は連敗を喫している。

 約9ヶ月ぶりの-67kgでの試合となるが、「これが適正体重だと思います。今が一番動けていますし、一番強い状態です」と手応えを感じている様子。「K-1に自分の適正階級も出来たので、-70kgにこだわる必要がなくなりました」とも話す。

 試合に向けて、今回は特にスピードを意識した練習に取り組んできたという渡部。「-70kgで試合をする時は、相手のパワーにスピードで対抗することを考えていたので。そのスピードが-67kgでも通用するように意識していました。良いパフォーマンスが見せられると思います」と自信をのぞかせる。

 そんな渡部が迎え撃つ挑戦者は、6月の挑戦者決定戦で平山迅を下した塚越仁志(K-1ジム・シルバーウルフ)。渡部は塚越と昨年11月に対戦し、ダウンを奪い合う熱戦の末に判定勝ちを収めている。

 その塚越について、「気持ちの強いファイターですね。殴っても殴っても向かってくるし、2回ダウン取っても向かってきたので」と印象を口に。「今回も激しい試合になると思いますが、圧倒的に勝ちたいですね」と闘志を燃やした。

 大会のメインイベンターを務めるが、「タイトルマッチが2つ(メインとセミ)ありますが、俺的にはあんまり面白くない。俺だけでいいだろっていう気持ちがあるので。内容と結果で渡部がメインで安心だというところを見せるので、期待していて下さい」と最高の試合を約束した。

最終更新:10/3(月) 21:42

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています