ここから本文です

大回顧展〈DAVID BOWIE is〉にて北野 武、坂本龍一がボウイを語る日本独自コーナーが決定

CDジャーナル 10/3(月) 18:05配信

 2017年1月8日(日)から4月9日(日)まで、東京・天王洲 寺田倉庫にてデヴィッド・ボウイ(DAVID BOWIE)の世界観やキャリアを総括し、貴重な展示品のみならず“音と映像”でも体感できる画期的な大回顧展〈DAVID BOWIE is〉が開催されます。オフィシャル・サイト(www.DAVIDBOWIEis.jp)では、初日から3日間分のチケットのオフィシャル最速先行販売(抽選)を10月3日(月)から10月16日(日)まで受付。その他日程のチケットは10月28日(金)より一般発売。

 また同展では、“SPECIAL”と銘打った日本独自コーナーを設けることが決定。映画『戦場のメリークリスマス』(1984年)でボウイと共演した北野 武と坂本龍一が当時を語るインタビュー映像が上映されます。

 展覧会は“STARMAN”“FASHION”“JAPAN”“SOUND & VISION”に日本独自の“SPECIAL”を加えた5つのコーナーから成り、映像や写真、オリジナル・ステージ衣装、映像、直筆のスケッチや歌詞、私物など、デヴィッド・ボウイ・アーカイブが所蔵する75,000点から厳選された初公開品を多く含む300点以上の貴重な品々が来日。入場者全員がヘッドフォンを手渡され、音楽やインタビューなどを聞きながら鑑賞する体験型の展示となっています。この展覧会は、2013年にイギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館を皮切りに巡回しており、現在はイタリア・ボローニャにて開催中です。

最終更新:10/3(月) 18:05

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]