ここから本文です

厚み29mmの組み込み用コンピュータを発売、各種海外安全規格に対応

MONOist 10/3(月) 7:55配信

 コンテックは2016年9月20日、放熱スリット/CPUファンをなくした組み込み用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-956S」を発売した。VCCI/FCC/CEの安全規格に加え、欧米向けのUL認証を取得し、海外展開にも対応する。価格はオープン。

 BX-956Sは、ストレージにCFastカードを採用したスピンドルレス設計により、ほこりや異物の侵入を抑え、保守点検業務を軽減できる。筐体は厚み29mmと薄型で、CFastカードスロットのほか、DVI-I、1000BASE-T、USB3.0、USB2.0、シリアル(RS-232C)、DIOなどの拡張インタフェースを搭載。製造・検査装置への組み込みをはじめ、デジタルサイネージ、セキュリティ、遠隔監視システムなど、さまざまな分野でIoTエッジコントローラーとして利用できる。

 プラットフォームには、インテル Atomプロセッサ E3845を採用した。組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」を搭載し、日本語/英語/中国語/韓国語の4言語に対応する。また、リモート電源管理機能により、ネットワーク経由で外部からのシステムアップ(Wake On LAN)や、モデム受信によるシステムアップ(Power On by Ring)も可能にした。

 さらに、10.8~31.2VDCのワイドレンジ電源に対応。オプションのACアダプターを使用すれば、100~240VACの電源環境でも使用できる。

最終更新:10/3(月) 7:55

MONOist

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。