ここから本文です

ベスト4決まる 市町村対抗県軟式野球

福島民報 10/3(月) 9:55配信

 栄光の金獅子旗と知事杯を懸けた第10回市町村対抗県軟式野球大会は2日、福島県郡山市の開成山野球場で準々決勝4試合を行い、喜多方市、会津美里町、二本松市、相馬市が4強入りした。
 3連覇を目指した福島市は喜多方市に、昨年準優勝の棚倉町は相馬市に敗れ、準々決勝で姿を消した。
 準決勝と決勝は9日に福島市のあづま球場で行われ、全59市町村の頂点が決まる。
 準決勝第1試合は午前8時半からで喜多方市と会津美里町が対戦する。第2試合は同10時開始予定で二本松市と相馬市が戦う。決勝は同11時半開始予定。4強入りした4市町は勝ち上がればいずれも初の決勝、初優勝となる。
 大会は県野球連盟と福島民報社、市町村対抗県軟式野球大会実行委員会の主催、県野球連盟の県北、県中、県南各支部の主管。リオン・ドールコーポレーション、アサヒグループホールディングス、JA共済連福島の特別協賛、創世グループ、ナガセケンコー、ケー・エス・シーの協賛。

福島民報社

最終更新:10/3(月) 11:21

福島民報