ここから本文です

花澤香菜ハロウィンスペシャルライヴ「HAPPY HANAZAWEEEEN」開催!そして、新曲「ざらざら」初披露!なんと作曲は・・・あの秦基博が担当!

M-ON!Press(エムオンプレス) 10/3(月) 12:01配信

当代随一の人気声優であり、2012年のソロデビュー以来、音楽活動も高い評価を得ている花澤香菜。昨年11月~今年2月にかけて全国9カ所で開催したアコースティック&朗読ライヴサーキット『かなめぐり~歌って、読んで、旅をして~』も大成功させ、6月には10枚目のシングル「あたらしいうた」を発表、8月には初のキャラソンコンセプトアルバム『KANAight~花澤香菜キャラソン ハイパークロニクルミックス~』を発売するなど、勢力的に音楽活動を行っている。

そんな花澤香菜が、自ら「ライヴをやりたい!イベントに絡めてライヴをやっちゃおう!」と発案し、急遽開催が決定したのが、今回の『HAPPY HANAZAWEEEEN』。一足早くハロウィンに絡めてという趣向も発表され、チケットも即完売というプレミアムなイベントとなった。会場となった東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEにはそれぞれアイデアを凝らして仮装してきた人や、この日限定のグッズに身を包んだ人で超満員となった。

17:30 開演。登場のSEはこのイベントのために、花澤のデビュー以来サウンドプロデュースと、ライヴでのバンマスを務めている北川勝利(ROUND TABLE)が作った楽曲に花澤のコーラスとセリフが乗ったもの。さすが人気声優、おどろおどろしい老婆のような声でのセリフに、会場のムードが一気に高まる。そして、華やかに装飾された千鳥格子のワンピースの上にマント、頭には魔女風の帽子を纏い、ホウキを持ってステージに登場し、「今日は楽しんで行ってね~」と“素の”花澤香菜の声での挨拶に、観客がオレンジのペンライトと大歓声で迎える。1曲目は「今朝のこと」、そして2曲目は9th シングルで空気公団・山崎ゆかりプロデュースの楽曲「透明な女の子」へと続く。

ここでMC。開演前の老婆の声で、「花澤ばあちゃんだよ」と煽っておきながら、観客から「おばあちゃん!」との掛け声に「初めておばあちゃんって言われた」と照れる(?)花澤。会場全体も花澤香菜も、みんながこの日を楽しもうという空気に溢れている。バンマス北川が「ハナザー」と煽り、観客が「ウィーーーーン」と応えるというこの日ならではのコール&レスポンスも交わされた。

つづいて「ブルーベリーナイト」「Merry Go Round」と花澤のライヴでは定番となったアップテンポのナンバーの後に2度目のMC。花澤が会場を見渡して、「みんな可愛いな~」「初めてのハロウィンイベントですが、楽しいです!!」「ほら、このホウキ、マイクスタンドになっているの!」・・・と特別な時間を心から楽しんでいる様子。

そして、デビュー曲「星空☆デスティネーション」へ。続けて2曲「We Are So in Love」「無邪気なキミと真夏のメロディ」を披露、会場の観客はシンガロングとコールとペンライトで呼応し、完全に一体感に包まれている。

ここで3度目のMC。いつものライヴよりMCが少し多め、そのリラックスした雰囲気が心地よい。そんな雰囲気にピッタリなミディアムナンバー「Nobody Knows」へ。続けて抒情的な珠玉のバラード「Trace」、ギターロックサウンドに花澤自身作の詞を乗せた最新シングル「あたらしいうた」と、バリエーション豊かな音楽性を感じられる構成。

ここでメンバー紹介。自己紹介では再び“花澤ばあちゃん”に。そして、ここでこのライヴ限定企画“カズータイム”。会場のファンが一気にカズ―を吹く・・・蜂の大群のような音が会場に響き渡り、duoが異様な空間に。が、花澤の指導によって、観客のカズーのスキルが一気に上昇する。そして、この日のためのような一曲「trick or treat!」。会場全体がカズ―楽団と化す。

ここで、「ハロウィンということで甘いお菓子の歌を・・・」と伝えた後、『妖狐×僕 SS』で花澤が演じたキャラクター≪髏々宮カルタ≫のキャラソンである「Sweets Parade」を曲紹介した途端割れんばかりの大歓声が起こる。

ライヴは一気に終盤へ。ジャズナンバー「Night and Day」、疾走感溢れるロックナンバー「マラソン」と畳みかけ、「そろそろ終わりです・・・」と寂しげに語った後に「スパニッシュ・アパートメント」。「最後の曲です」と煽った後に5th シングルでもあり、ライヴ定番曲「恋する惑星」で本編が終了。

そして、アンコールに導かれて、花澤が再度ステージに登場。そこで「11枚目のシングルが発売されることになりました!」と伝えると、この日一番の歓声が起こる。そして、ここで重大発表が・・・「作曲は何と秦基博さんです!作詞は私がしました。11月30日に発売です。」という発表でさらなる歓喜の声が割れんばかりに会場に響き渡る。そして、バンドも登場して、新曲「ざらざら」を本邦初披露。その美しい旋律と花澤の繊細な歌声に会場に聴き入る。無事歌い終わって「今日一番緊張したぁ」と安堵の表情を見せる。

「ざらざら」初披露の余韻の中、経緯について語る花澤・・・「秦さんとは、新海誠監督の『言の葉の庭』で主題歌を秦さんが担当されていて私がユキノ先生という役でご一緒して面識はあったんですが、秦さんの歌って本当にいいよね・・・スタッフともみんなで、いつか曲を作って欲しいなと言っていたんですが、ようやく実現しました!」と嬉しそうに語る。

重大発表につづいて、花澤が「もう一度カズ―を使います!」。またもや会場が蜂の大群の音像に包まれる中、ライヴにおいてはハイテンションな定番曲である「Young Oh! Oh!」で一気にヒートアップ。そして、花澤が「本当に最後の曲です」と言い、バンマス北川がコーラス部分のコール&レスポンスのレクチャーを施して、「Looking for your Smile」へ。多幸感に満ち溢れる中、プレミアムなスペシャルライヴは幕を閉じた。

セットリスト

M01 今朝のこと
M02 透明な女の子
=MC=
M03 ブルーベリーナイト
M04 Merry Go Round
=MC=
M05 星空☆ディスティネーション
M06 We Are So In Love
M07 無邪気なキミと真夏のメロディ
=MC=
M08 Nobody Knows
M09 Trace
M10 あたらしいうた
メンバー紹介・MC・カズータイム=
M11 trick or treat!
M12 Sweets Parade
M13 Night and Day
M14 マラソン
=MC=
M15 スパニッシュ・アパートメント
M16 恋する惑星
ENCORE
EC1 ざらざら
=MC=
EC2 Young Oh! Oh!
=MC=
EC3 Looking for your Smile

●リリース情報
花澤香菜 11th Single…
「ざらざら」
11圧30日発売

【初回生産限定盤(CD+DVD)】
品番:SVWC-70225~70226
価格:¥1,600+税

【通常盤(CD)】
品番:SVWC-70227
価格:¥1,200+税

<CD>
表題曲「ざらざら」(秦基博・作曲、花澤香菜・作詞、島田昌典・編曲)、カップリング2曲、表題曲インストゥルメンタルを含む、全4曲を収録

店舗特典: 花澤香菜 オリジナルポストカード
対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな(一部店舗除く)、ソフマップ(CD取扱店舗、ドットコム含)、タワーレコード、HMV、WonderGOO/新星堂(一部店舗除く)、TSUTAYA(一部店舗除く)、ANIPLEX+

※各店舗のポストカード絵柄は決定次第ご案内いたします。お楽しみに!!
※先着特典となっております。各店舗ともなくなり次第終了となります。予めご了解ください。
※お問い合わせは各店舗にてお願いいたします。

最終更新:10/3(月) 12:01

M-ON!Press(エムオンプレス)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]