ここから本文です

『ブレードランナー』続編の撮影現場に行ってハリソン・フォードに会える!権利獲得チャリティー開催中

シネマトゥデイ 10/3(月) 15:16配信

 現在ブダペストにて撮影中の最新作『ブレードランナー』の撮影現場に招待された上、ハリソン・フォードに会って、さらにライアン・ゴズリングとランチを食べることができるなんていう最高にエキサイティングな体験への応募キャンペーンをチャリティーサイトのomaze.comが行っている。(森田真帆)

 omaze.comは10ドル単位から寄付ができるチャリティーサイトで、これまで映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の出演権をかけたチャリティーなど多くのハリウッドスターたちとユニークなドネーション(寄付)企画を立ち上げてきた。今回は、アフリカの少年兵の募集や大量レイプ、虐殺をしているネットワーク撲滅を目指すイナフ プロジェクト、がん患者のサポートをしているImermen angel、そして子供と女性の権利を守るハミングバード財団と提携。

 応募は10ドルの寄付から可能だが、100ドル以上の寄付になると、100ドルで『『ブレードランナー』続編のオリジナルTシャツをもらえたりとリターンも豪華! 最高額に設定されている5,000ドルの寄付には5万回分の応募権とハリソン・フォードとリドリー・スコットのサイン入りオリジナル版ポスターをもらえるという。

 当選者には、撮影現場訪問、そしてライアンとのランチ、ハリソンとのご対面などに加え、もちろんホテルや航空券代もペアでついてくる。応募終了まであと22日! 現在サイトでは当企画のほか、「マット・デイモン、ベン・アフレック、トム・ブレイディ(アメフト選手)と一緒にビールを飲んでピザを食おうぜ企画」なども募集中。スターたちのユーモアにあふれたチャリティー企画に今後も注目していきたい。

最終更新:10/7(金) 18:32

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]