ここから本文です

韓国最高層ロッテワールドタワー 外観仕上がる=12月完成

聯合ニュース 10/3(月) 11:49配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のロッテ物産は3日、韓国最高層となるロッテワールドタワーの外観が前日に完成したことを明らかにした。タワーはソウル南東部の蚕室に123階建て、高さ555メートルで建設中だ。内部のインテリア工事や行政手続きを経て、12月22日の完成を目指す。

 ロッテワールドタワー建設はロッテグループ念願の事業だ。事業地を選定してから30年、着工から約6年で外観完成に至った。

 タワーは伝統的な曲線美を生かしたデザインで、外側には約4万2000枚のガラスを使った。夜は発光ダイオード(LED)照明に彩られる。高層部から先端までは外観を華やかにする構造となっている。こうしたデザインは、国内外から寄せられたさまざまなデザイン案を検討、何度も変更した末に決定した。

 ロッテ物産は安全性や環境にも万全を期したと説明する。耐震、耐風設計で、75万トンの荷重に耐えられるよう基礎には8万トンの高強度コンクリートを流し込んだ。

 20階ごとに5か所の避難区域を設置した。19台の避難用エレベーターや非常階段を利用し、タワーに常駐する1万5000人全員が63分以内に建物の外に出ることができる。

 太陽光発電などにより、エネルギー使用量の14.5%にあたる年間5万1168メガワット時の電力を生産する。これにより、2万3113トンの二酸化炭素排出削減効果が得られるという。環境に配慮した建築物などを評価する国際的な認証システム、LEEDでゴールド認証の取得を目指す。

最終更新:10/3(月) 11:52

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]