ここから本文です

ジャーニー、2017年2月に東名阪仙のジャパン・ツアーを開催

CDジャーナル 10/3(月) 18:05配信

 ニール・ショーンがYouTubeを通じて発掘したフィリピン出身の新人シンガー、アーネル・ピネダを加入させるというシンデレラ・ストーリーが話題となった2008年のアルバム『Revelation』が好評、2013年には4年ぶりの来日を果たし、1983年以来30年ぶりの東京・日本武道館公演も行ったジャーニーが2017年2月、再び来日。東名阪仙のジャパン・ツアーを開催します。

 今回は、昨年解雇されたディーン・カストロノヴォに替わり、バンドの全盛期を支えたドラマー、スティーヴ・スミスが復帰したファン待望のラインナップでの来日公演。2月1日(水)大阪城ホール、2日(木)愛知県体育館、4日(土)宮城・ゼビオアリーナ仙台、6日(月)東京・日本武道館の全4公演が発表されています。東京・大阪公演のチケット一般販売は10月22日(土)10:00よりスタート。仙台公演は追って11月12日(土)10:00開始となっています。詳しくは公演特設ページ(udo.jp/Artists/Journey/index.html)にてご確認ください。

最終更新:10/3(月) 18:05

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]