ここから本文です

スマート、世界累計販売200万台…約18年で到達

レスポンス 10/3(月) 11:15配信

メルセデスベンツ傘下のスマートは9月26日、世界累計販売台数が200万台を突破した、と発表した。

初代スマートは1998年に発売。アーバンマイクロカーは、個人と法人の両方に受け入れられ、成功を収めた。2008年には、カーシェアリングプログラム、「car2go」を開始している。

2014年7月、欧州で発表された新型は『フォーツー』と、8年ぶりの復活となる『フォーフォー』をラインナップ。ダイムラーとルノーの提携の効果を反映させて開発された。

新型の車台は2014年3月、ジュネーブモーターショー14で初公開された新型ルノー『トゥインゴ』と共用。駆動方式は、新型トゥインゴ同様、RRレイアウトを採用する。

9月26日、スマートの世界累計販売台数が200万台を突破。初代発売から、約18年で到達した記録となる。スマートブランドのアネット・ウィンクラー代表は、「世界累計販売200万台達成は、世界中の顧客がいかにスマートを支持しているかを示すもの」と語っている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/3(月) 11:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。