ここから本文です

分裂していたArduinoが和解して1つに

ITmedia ニュース 10/3(月) 9:43配信

 Arduino LLC(Arduino.cc)とArduino SRL(Arduino.org)に分裂し、商標などをめぐって争っていたArduinoが和解して1つになる──。両社の代表が10月1日(現地時間)、米ニューヨークで開催のMaker Faireでそう発表した。

Arduino SRLのサイト

 2016年末までに、新たに営利企業のArduino Holdingと非営利団体Arduino Foundationを設立し、前者が関連製品の販売を一元管理し、後者がオープンソースのArduino IDE(統合開発環境)の管理と開発者コミュニティーの窓口を務める。

 Arduinoは2005年、安価なコンピュータを製造するシステムの構築を目指してイタリアで立ち上げられたプロジェクト。ハードウェア(基板)とIDEで構成される。立ち上げ後、5人の創業者の1人であるジャンルカ・マルチノ氏がArduino SRLを、バンジ氏を含む他の4人がArduino LLCをそれぞれ設立し、Arduinoの商標などをめぐって対立し、裁判で権利を争っていた(スイッチサイエンスの記事より)。

 バンジ氏は「今日はArduino史上、最良の日だ」と、ムスト氏は「過去2年続いた問題を解決できて大変うれしい。新生チームはこれからも最高のオープンなハードウェアとソフトウェアを提供していく」と語った。

 両社が存続して持株会社としてのArduino Holding傘下に入るのか、別の形になるのかなどの詳細はまだ発表されていない。

最終更新:10/3(月) 9:43

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。