ここから本文です

小林麻央、がんステージ4でも「5年後も10年後も生きたい」力強くメッセージ

シネマトゥデイ 10/3(月) 18:15配信

 乳がんで闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が、3日に更新したオフィシャルブログで、がんの根治が難しい状態であると明かす一方、「私はステージ4だって治したいです!!!」と生きることへの強い思いを告白した。

【写真】小林麻央、金髪かつら姿披露

 抗がん剤治療を続け、先日ようやく手術を受けたものの、「肺や骨に癌は残っており、痛みもあるので、これからが闘いです」と報告していた小林。「心の声」と題したこの日の更新であらためて「私は、一般的には、根治は難しい状態と言われるかもしれません」とつづった。

 そのうえで、自分の置かれている状況は理解しながらも、信頼できる医師との出会いを通じて「根治させたい」という自らの「心の声」を言えるようになったと明かした小林。さらに「大きく思える夢や目標も抱くことはできる。それを堂々と言うことも、恥ずかしいことなんかではないと思います」と続けた。

 そして、「5年後も10年後も生きたいのだーっあわよくば30年! いや、40年! 50年は求めませんから。だってこの世界に生きてるって本当に素晴らしいと、感じるから」と決意。最後は「そのためにできることはやる。コツコツはカツコツ! ぅわぁー、私の苦手技だぁー 誰か助けてーーーー笑」と明るく締めくくっている。

 小林は、夫で歌舞伎役者の市川海老蔵による乳がん発表の後、先月1日にブログを開設。がん発覚の経緯や現在の治療中の姿などと共に、2人の子供を持つ母として、また市川の妻としての思いをつづっている。(西村重人)

最終更新:10/3(月) 18:15

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]