ここから本文です

Google発表イベント直前おさらい──6種のハードウェアと新OS?

ITmedia ニュース 10/3(月) 10:32配信

 米Googleの「Made by Google」イベントが、いよいよ現地時間の10月4日午前9時(日本時間の5日の午前1時)に始まる。その前に、これまでのうわさをまとめておこう。

大手通信業者が公開してしまったPixelの画像

 最高で6種類のハードウェアとAndroidの新バージョン、そして新しいOS(Andromeda)が発表されるとみられている。確度の高い順に改めて紹介する。

「Pixel」と「Pixel XL」

 これまで「Nexus」ブランドで提供してきたGoogleオリジナルブランドのAndroid搭載スマートフォンを「Pixel」ブランドで発表する。従来通り大小2モデルで、小さい方が「Pixel」という名称で5インチ、大きい方は「Pixel XL」で5.5インチといううわさ。メーカーは両方とも台湾HTCだが、メーカーのロゴは刻印されない。

 筐体はアルミ製で、色はこれまでのリークでは黒、白、青の3色とうわさされている。RedditユーザーのDloadkingさんが10月2日に投稿したカナダの大手通信業者BellのWebページのリンクには、白いPixelが表示されている。

 CPUはSnapdragon 821でRAMを4GB搭載するなど、かなりハイエンドなスペックになり、価格はこれまでのNexusシリーズよりも高めの設定になるとみられている。

Android 7.1とPixel専用スキン

 PixelとPixel XLには、Android 7 Nougatの最新版、バージョン7.1がプリインストールされる見込み。エバン・ブラス氏がPixelだとしてツイートした以下の画像のように、ナビゲーションボタンを含むホーム画面のユーザーインタフェースが大きく変わるようだ。

 ただし、Android Policeによると、このホーム画面はPixel専用のスキンによるもので、Android 7.1のホーム画面ではないという。これは、そもそもGoogleオリジナル端末がNexusブランドではなくなるのは“バニラ”端末ではないからだというAndroid Centralの情報と合致する。

VR HMD「Daydream View」

 GoogleがGoogle I/Oで「今秋リリース」と予告したVRプラットフォーム「Daydream」のヘッドセットも発表される見込みだ。名称は「Daydream View」になるといううわさ。韓国Samsung Electronicsの「Galaxy Gear」のように、対応するスマートフォンをセットして使う。PixelとPixel XL以外に既存のAndroid端末が対応するかどうか注目したい。価格はGalaxy Gearと同等(99ドル)あるいはそれ以下(80ドル)になるとみられている。

「Google Home」

 「Google Home」もGoogle I/Oで「今秋リリース」と予告されていた、米Amazon.comの「Echo」対抗の家庭用Wi-Fiスピーカー兼音声アシスタント端末。Chromecastと同じ「Google Cast」エンジンを搭載し、端末や対応するオーディオのコンテンツをストリーミングする。また、メッセージングアプリ「Allo」にも搭載されるパーソナルアシスタント「Google Assistant」で、音声による質問や命令に対応する。Google AssistantはGoogleアカウントで使うあらゆるGoogleサービスのデータと連係するので、EchoのAlexaよりもユーザー個人のデータに基づいた対応をしそうだ。価格は129ドルとのうわさ。

「Chromecast Ultra」

 「Chromecast Ultra」は、Google Cast搭載のテレビ用ストリーミング端末「Chromecast」の上位モデル。4Kに対応し、価格は69ドルで、現行の35ドル(日本では4980円)のChromecastと併売されるといううわさだ。

「Google WiFi」

 「Google WiFi」は、同社が2015年に米国で発売したオリジナルWi-Fiルータ「OnHub」の後継モデルとみられる。Android Policeの情報筋によると、複数のGoogle WiFiをリンクさせることで、1つの無線ネットワークとしてメッシュのように使えるという。価格は129ドルとのうわさ。

AndroidとChrome OSを統合した新OS「Andromeda」

 長くうわさされていきたAndroidとChrome OSの統合が発表されるかもしれない。Android Policeによると、AndroidとChrome OSの統合プロジェクトはGoogle社内で「Andromeda」と呼ばれているという。これが正式名称になるかどうかはまだ不明だが、既に「Nexus 9」でテスト中とのうわさもある。

 9TO5Googleは、10月4日のイベントではOSは発表されるが、プリインストール端末はすぐには出ないと予想している。Android Policeは、Andromeda搭載のハイブリッドノートPCが2017年第3四半期には発売されるとしている。

「Nexus 7」がHuawei製で復活か

 GoogleはここしばらくNexusブランドのタブレットを発売していないが、久しぶりに7インチのNexusブランド(Pixelではなく)のタブレットを発表しそうだ。エバン・ブラス氏によると、中国Huawei製で4GBのRAMを搭載するという。

 発売段階ではAndroid OSを搭載するが、将来的にAndromedaにアップグレードできるといううわさもある。

 イベントは、Googleの公式YouTubeチャンネルでライブストリーミングされる。ライブページでは既にカウントダウンが始まっている(ストリーミングはイベント会場の開場時間である午前0時から始まるようだ)。

最終更新:10/3(月) 10:32

ITmedia ニュース