ここから本文です

「奪ってよい命」ない 沖縄市・育成会文化祭り

琉球新報 10/3(月) 11:17配信

 芸術・文化活動に取り組む障がいのある人らが、日ごろの活動の成果を発表し、地域の人たちと交流する第21回育成会文化祭り(県手をつなぐ育成会主催)が2日、沖縄市の沖縄市民会館大ホールで開かれた。7月に起きた相模原の障がい者施設殺傷事件を受け、同会の田中寛理事長は冒頭のあいさつで「『奪ってよい命』などありません」と力を込めた。その上で「知的障がいのある方々の特性を理解してもらうために、さらに市民との交流の機会を増やす必要がある」と指摘した。


 初めの合唱では、やなせたかしさん作詞の「手のひらを太陽に」を全員で歌い、「みんな生きているんだ」と笑顔で訴えた。田中理事長は、この歌を選んだ理由を「『障がいのある人はこの世にいなくていい』という考えの人たちに、『私たちは生きていい』としっかり理解してほしかった」と話した。

 「ぼくらはみんな生きている 生きているから歌うんだ」というメッセージが、会場全体を包み込んだ。

 ステージでは、参加した21団体がダンスや歌を披露し、笑顔があふれた。

琉球新報社

最終更新:10/3(月) 11:17

琉球新報