ここから本文です

羽生ミス連発Vに燃えた「次はノーミスでやります、絶対に」

デイリースポーツ 10/3(月) 6:04配信

 「フィギュアスケート・オータム・クラシック」(1日、モントリオール)

 男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(21)=ANA=は2度の転倒があったものの、前日のSPで史上初めて成功させた4回転ループをこの日も決め、フリーも1位の172・27点をマーク。合計260・57点で今季初戦を制した。羽生は月末のスケートカナダ(28日開幕・ミシサガ)がGP初戦となる。

 激しく息を吐き出しながら、羽生は悔しそうに首を振った。今季のフリーは4回転ジャンプを3種類4度跳ぶ、自身初の超高難度構成。SPに続き4回転ループは決め、今季初戦を優勝で飾ったが、中盤以降は明らかに失速し、2度転倒した。

 「見ての通り、バテていた感じはあった」と課題が残った内容を振り返りつつ、最後につぶやいた。「前向きな悔しさがある。しんどいけど楽しいし、燃える」。負けず嫌いの王者のハートに火をつけた初演技だった。

 今オフは昨季に負傷した左足甲の回復に専念したため、例年より始動が遅れた。ただ、スタミナ面の不安を指摘する質問には首を振った。「体力が問題じゃない。力の使い方やスピードの出し方で効率よくできれば、ミスはしない」。4分半の演技の中でのペース配分を課題に挙げた。

 フリーは久石譲さんのピアノ曲の優しいメロディーで、幻想的な世界観を氷上で表現する。「次の試合ではノーミスでやります。絶対に。そうじゃなきゃ羽生結弦じゃない。一皮とはいわず、十皮でも二十皮でもむけるように追い込みたい」。次戦はGP初戦のスケートカナダ。1カ月後の自身の姿を思い浮かべ、不敵に笑った。

最終更新:10/3(月) 7:48

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革