ここから本文です

【パリモーターショー16】ジャガー、「Iタイプ1」初公開…初のEVレーサー

レスポンス 10/3(月) 13:12配信

英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、同社初のEVレーシングカー、『Iタイプ1』を初公開した。

画像:ジャガー I タイプ1

Iタイプ1は、世界最高峰のEVレース、フォーミュラEに参戦するために開発されたレーシングカー。同社は、「パナソニック・ジャガーレーシング」を結成。10月に開催されるフォーミュラEの第3シーズン開幕戦から、ジャガー史上初となるEVレーシングカーで参戦する。

フォーミュラEへの参戦は、極限条件下で先進技術のエンジニアリングやテストをすることが目的。フォーミュラEで得る貴重な知識を、今後の市販車の開発に応用していく方針。

ジャガーカーズは、ブランドコミットメントとして、「Race To Innovate」(イノベーションのためのレーシング)を掲げている。パリモーターショー16での Iタイプ1の初公開により、ジャガーカーズはモータースポーツ界への復活を、改めて強調した形。

ジャガーカーズは、「EVに対する見識を変え、新しい電気技術の開発と次世代のファン獲得を目指していく」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/3(月) 13:12

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。