ここから本文です

台風18号、国内280便以上欠航

琉球新報 10/3(月) 12:22配信

 台風18号の影響で3日、空と海の便にも影響が出ている。
 海の便は沖縄本島と周辺離島を結ぶ便を中心に計93便が欠航した。
 空の便は国内便で少なくとも280便以上が欠航する。全日空(ANA)は96便が欠航し約1万1300人に影響が出る。
 日本航空(JAL)は那覇発着の29便が欠航し、5726人に影響が出る。
 日本トランスオーシャン航空(JTA)は那覇空港発着便を中心に58便が欠航し、4257人に影響が出る。
 琉球エアーコミューター(RAC)は27便が欠航し、531人に影響が出る。
 スカイマークは那覇と県外空港を結ぶ33便が欠航し、約3200人に影響が出る。
 ソラシドエアは18便が欠航し、1481人に影響が出る。
 ジェットスター・ジャパンは17便が欠航し、2085人に影響が出る。
 バニラエアは那覇と成田や台北を結ぶ6便が欠航する。【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:10/3(月) 12:22

琉球新報