ここから本文です

川島が帰国 “応援団長”任命も「経験が日本の役に立つのなら」

デイリースポーツ 10/3(月) 8:40配信

 サッカーのロシアW杯アジア最終予選イラク戦(6日、埼玉スタジアム)、オーストラリア戦(11日、オーストラリア)に向けて、6月のキリン杯以来の代表復帰となるGK川島永嗣(33)=メッス=が3日早朝、羽田空港着の航空機で帰国した。

【写真】自分と日本の「プライド」胸に…川島、代表復帰へ意欲

 クラブで出場機会が得られていない川島に対し、ハリルホジッチ監督(64)は会見で「グループの中で特別な役割を担ってほしい。コミュニケーションや励ます部分。メンタルプレーヤーはチームを底から引き上げる」とチームの精神的支柱としての期待を寄せていた。

 川島は「今まで自分も代表を長くやっている。いろいろ感じ、経験させてもらった。それが今の代表や日本のために役に立つのであれば、それに越したことはない」と話し、必要とあれば“応援団長”としての役割も全うする心づもりだ。

 とはいえ、指揮官も「ツーリスト(観光客)とは認識していない」と話していただけに、選手として万全の状態で試合へ臨む姿勢は変わらない。「コンディション的には悪くない。(代表)チームに入って、しっかりやりたい」と気を引き締めた。

最終更新:10/3(月) 8:43

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています