ここから本文です

韓国人客らに”わさびテロ”? 大阪・すし店がHPで謝罪

WoW!Korea 10/3(月) 16:40配信

大阪のすし店で、韓国人など外国人が注文したすしに通常より多い量のわさびを入れて提供したことが明らかとなり、「外国人差別」と物議を醸している。該当の店は、ホームページ上で謝罪した。

 日韓メディアによると、問題となったすし店は大阪・中央区に位置するチェーン店「市場ずし」難波店。およそ1年前からこの店舗を訪れていた韓国人など外国人観光客らの間で「わさびテロに遭った」などの不満が続出していた。

 韓国人観光客が「この店ですしを注文すると、通常よりはるかに多いわさびが入れられ、提供される」と主張。すると、店側は「外国人らは(すしに入っている)わさびの量を増やしてほしい、との要求が多く、そのためにやった」と解明したが、オンライン上ではこの店のスタッフが日本語が話せない韓国人らを誹謗中傷する表現で罵ったとの主張まで提起され、さらに波紋を広げる結果となった。

 同件を受け、チェーン店「市場ずし」を運営する藤井食品は2日、「わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせてしまった」と謝罪文を掲載した。

最終更新:10/3(月) 16:40

WoW!Korea