ここから本文です

リオ金の土性沙羅 東新住建入り「五輪連覇が目標」

東スポWeb 10/3(月) 17:33配信

 リオデジャネイロ五輪レスリング女子69キロ級金メダリストの土性沙羅(21=至学館大)の就職先が、建築総合メーカー・東新住建(愛知)に決まった。

 3日、名古屋市内のホテルで内定記者会見が行われ、土性は「(至学館大の)先輩が活躍しているので全く不安はありません。社会人アスリートとして誰にも負けないよう練習して、4年後の東京五輪で連覇を達成することが私の目標です」と喜びを語った。

 同社女子レスリング部には、同大出身でリオ五輪女子48キロ級金の登坂絵莉(23)と伊藤彩香(23)の先輩2人が所属しており、来年4月に土性が入社すれば3人目の部員となる。会見には同社関係者のほか、愛知県レスリング協会会長で同大の谷岡郁子理事長・学長(62)、日本レスリング協会強化本部長で同大レスリング部の栄和人監督(56)、伊藤も出席した。

 入社しても、練習はこれまで通り栄監督の指導のもと至学館大で行う。環境を変えずに4年後を目指せるという点が土性にとって最大の魅力だ。東新住建の辻明典代表取締役社長も「空いている時間を使って商品のPRをしてもらったり、CMに出てもらいたいと考えている」と全面支援を約束した。

最終更新:10/3(月) 21:32

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]