ここから本文です

「特命係長 只野仁」がAbemaTVで復活! 「フン! フン! フン!」乱舞の予感……

ねとらぼ 10/3(月) 14:23配信

 テレビ朝日で放送され人気を博したドラマ「特命係長 只野仁」の新シリーズが、AbemaTV初のオリジナルドラマ「特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル」として今冬放送されることが決定しました。もちろん主演は高橋克典さん。約5年ぶりに“インターネットテレビ局”という新しいメディアで復活を果たす只野仁がどんな活躍を見せるのか注目されます。

【画像】「AbemaTVオリジナル」版の只野仁!

 柳沢きみおさんによる原作「特命係長 只野仁」は、「日刊ゲンダイ」で連載中の漫画。大手広告代理店で働くドジサラリーマン・只野仁(ただの じん)が、夜になると会長直属のスーパーサラリーマン「特命係長」となり、さまざまな問題を解決していく物語です。

 実写テレビドラマは2003年から2012年までテレビ朝日の深夜枠で放送。高橋さんのムキムキな肉体美を生かしたアクションシーンや、毎回“お約束”となっていたセクシー女優によるお色気シーンなどが放送直後から人気に。2008年には劇場版も公開されました。

 新シリーズ制作にあたり高橋さんは「熱いご要望をいただき、只野が復活します。お楽しみに」とコメント。プロデューサーのMMJ・伊藤達哉さんによれば、スタッフはドラマスタート時のコアメンバーが再集結するとしており、同じくプロデューサーのテレビ朝日・藤崎絵三さんも、「『AbemaTV』ならではの新しい試みにも挑戦していきたいと思っております」とコメントしています。おなじみの「フン! フン! フン!」が乱れ飛ぶ作品になるのでしょうか。

(C)AbemaTV, (C)柳沢きみお/日刊ゲンダイ・テレビ朝日・MMJ, (C) tv asahi

最終更新:10/3(月) 14:23

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]