ここから本文です

日産 リーフ、世界累計販売20万台達成…記念の特別仕様車を発売

レスポンス 10/3(月) 17:15配信

日産自動車は、電気自動車(EV)『リーフ』の世界累計販売20万台達成を記念した特別仕様車「サンクスエディション」を10月3日より発売すると発表した。

[関連写真]

特別仕様車は、2015年12月のマイナーチェンジで追加された30kWh駆動用バッテリー搭載モデルの「X」「Xエアロスタイル」「G」「Gエアロスタイル」をベースに、リーフの販売台数20万台を記念し、各種装備を追加しながらもリーズナブルな価格設定とした。

「X」および「Xエアロスタイル」は、LEDヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付き)とオートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知機能付き)、17インチアルミホイールを特別装備。「G」および「Gエアロスタイル」は、本革シート、ヒーター付ドアミラー、アラウンドビューモニター、BOSEエナジーエフィシエントシリーズ 7スピーカーを備える。

また、新たに3色のボディカラー「ビターショコラ スーパーブラック 2トーン」「スオミブルー」「シャイニーブロンズ」を追加設定。全12色となったカラーバリエーションは、特別仕様車を含む全グレードで選択できる。

価格はXが372万3840円、Xエアロスタイルが401万5440円、Gが412万6680円、Gエアロスタイルが456万4080円。国の購入補助金33万円が利用できる。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/3(月) 17:15

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。