ここから本文です

長谷川穂積 中学時代卓球部の経験生かし12歳の卓球選手に挑戦

東スポWeb 10/3(月) 19:27配信

 お笑いコンビ「トミーズ」が3日、大阪市で行われた関西テレビのスポーツ番組「よしもとJAPANの大金星(仮題)」(22日午後4時)の収録に参加した。

 同番組は、スポーツに自信のあるよしもと芸人で結成した「よしもとJAPAN」が、世界で活躍するアスリートらによる「アスリートJAPAN」と対決する。

 収録後、審査員を務めたトミーズ雅(56)は「意外に盛り上がらんかった。反省会せなアカンわ」と、よしもと芸人が奮闘(?)し過ぎたことに苦笑い。ハイヒール・モモコ(52)も「よしもと芸人頑張りますから、もっと接戦できるように緻密に考えとかな。反省会です」と同調した。

 卓球対決では先日、WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチを制し、3階級制覇を成し遂げた長谷川穂積(35=真正ジム)が「よしもとJAPAN」のスペシャル助っ人として、小学5年生時に全日本卓球選手権で2勝を挙げた木原美悠(12)に挑んだ。

 長谷川は中学時代、卓球部に所属。雅は「本人はボクシングをやってなかったら、卓球でオリンピックに行ってた。卓球の3年間で培った俊敏性が、ボクシングに生かされている、と話してました」と明かした。

 一方、モモコは「収録では勝ちたい一心で大人げなかった。そんな一面あるんやと思ってかわいかったけどね」と笑った。

最終更新:10/3(月) 19:55

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]