ここから本文です

デヴィッド・ボウイの大回顧展、北野武&坂本龍一の撮り下ろしインタビュー映像展示

映画ナタリー 10/3(月) 15:35配信

2017年1月8日から4月9日まで開催される、デヴィッド・ボウイのキャリアを総括する大回顧展「DAVID BOWIE is」。このたび同展覧会で、日本独自のコーナーとして北野武と坂本龍一の撮り下ろしインタビュー映像が追加展示されるとわかった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2013年から世界9カ国を巡回してきた「DAVID BOWIE is」は、1月に逝去したボウイの魅力と、50年間にわたるその創作活動を振り返るもの。5つのポイントのうち、北野と坂本のインタビュー映像が上映されるのは“SPECIAL”パート。「戦場のメリークリスマス」でボウイと共演した2人の証言から、ボウイのクリエイティビティや美学を解き明かす。

そのほか展覧会には、ボウイのパフォーマンスを映像によって再体験できる“STARMAN”、アレキサンダー・マックイーンらが手がけた衣装の数々を展示する“FASHION”、親日家のボウイが日本文化から受けた影響などを紹介する“JAPAN”、音楽と映像で彼のコンサート会場のような空間を作り出す“SOUND & VISION”といった見どころも。

なお本日10月3日より、公式サイトにてオフィシャル最速先行販売の抽選申し込みがスタート。10月28日からはチケットぴあにて一般販売が開始される。

DAVID BOWIE is
2017年1月8日(日)~4月9日(日)東京都 寺田倉庫G1ビル
開場時間 10:00~20:00(最終入場19:00)
※毎週金曜は~21:00(最終入場20:00)
※毎週月曜休館(1月9日、3月20日、27日、4月3日は開館)
前売り料金:一般 2200円 / 中高生 1000円 / 限定オリジナルグッズ付き 5000円 / ALL TIME 3000円
当日料金:一般 2400円 / 中高生 1200円

最終更新:10/3(月) 15:35

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]