ここから本文です

大阪のすし店、外国人客に“大量わさびずし” 「差別的な意図ない」と釈明

ITmedia ビジネスオンライン 10/3(月) 16:00配信

 大阪のすし店「市場ずし 難波店」(大阪市中央区)が外国人客に大量のわさびを入れたすしを提供していたことがネット上で指摘され、チェーン展開する藤井食品が「民族差別的な意図はなかった」などと釈明に追い込まれている。

 同店をめぐっては、外国人観光客が撮影した、大量のわさびが載ったすしの写真などがネット上に投稿されており、「食べづらかった」「店員が見て笑ってバカにしていた」などというレビューも投稿されていた。ネット上では「外国人客への嫌がらせ」「ヘイトすし屋」などといった批判が相次ぎ、店舗へのレビューにも批判が殺到する炎上状態になっている。

 同社がWebサイトに公表した釈明によると、「もともと外国人客からのわさび増量の要望が多かったため、事前確認なしに提供していた」と説明。「わさびなどが苦手なお客様に対して不愉快な思いをさせる結果になってしまった」とし、「民族差別的な意図はなかった」という。

 従業員による差別的な発言は「事実は確認できなかった」として否定。「お客様に対して不愉快な思いをさせてしまった。今後は、このようなことが起こらないように社員教育を徹底したい」と謝罪している。

最終更新:10/3(月) 16:00

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。