ここから本文です

小林麻央、術後は洗面所まで歩けるように…「生命力を体感」

デイリースポーツ 10/3(月) 12:46配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー小林麻央が3日、ブログを更新し、公表した手術前と、手術後の写真を公開。術後は回復し、洗面所まで歩けるようになったことも明かした。

【写真】麻央、海老蔵に「いい旦那さんだ」

 ブログは「生命力!」というタイトルで更新。1日のブログで「局所コントロール、QOLのため」に手術を受けたことを公表したが、この日はその術前と術後の自身の表情写真をアップした。

 術前は手を振って部屋を出て行く写真で、術後は、洗面所の鏡で自分の表情をスマホで撮影している写真。ピンクの帽子、パジャマ姿で「術後、回復し、洗面所まで歩けるようになったとき」という説明も書かれていた。

 ブログの最後には「手術を受けて『生命力』というものを体感。経験は宝なり」と力強い言葉もつづり、術後の順調な回復ぶりもうかがわせていた。

 麻央は1日、自身のブログで手術を受けたことを公表。「私の場合、根治手術ではなく」と説明し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の向上のため、つまり、がんの根治的な手術ではなく、痛みなどからくるストレスや不安などを軽減するために受けた手術だった。

 これまでのブログでは、リンパ、肺、骨への転移を明かしている。

最終更新:10/3(月) 14:27

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]