ここから本文です

国際ボート連盟会長 競技会場見直し問題に反発「海の森がベストプラン」

デイリースポーツ 10/3(月) 13:37配信

 東京都の都政改革本部の調査チームが、建設費の高騰を理由に20年東京五輪で水泳を行う「アクアティクスセンター」や、バレーボール会場の「有明アリーナ」、ボート・カヌー会場「海の森水上競技場」の3施設の建設見直しを提言し、組織委員会や競技団体が反発している問題で、国際ボート連盟のジャンクリストフ・ローランド会長が3日、組織委員会を訪問し、布村幸彦副事務総長、室伏広治スポーツディレクターと会談した。

 当初は別の用件で来日していたローランド会長は「訪問の意図が変わった。海の森についてはこれまで協議してきた内容で決定していたと認識していた。色んな中身を知りたい」と、困惑と失望を表明。布村副事務総長は「移設で固まったという報道もあるが、報告書の中では1つの選択肢として示されている。これまでの国際連盟と組織委員会との協議の経過は今、小池知事にご説明しているところです」と、現時点では決定事項でないことを説明した。

 会談後に報道陣に対応したローランド会長は「基本的に今までと変わらないことを確認できた。14年から国際連盟としてIOCや組織委員会と検討してきた。国際競技会だけでなく、東京都に必要だという価値、イベントやトレーニングキャンプにも使えるものを」と強調。この日、海の森競技場を視察しており「いい会場で、いい水、とてもファンタスティックなコース。海の森がベストプランだ」と、言い切った。

 同会長は、今夕方、小池都知事と会談する予定。従来の予定通りの競技場建設を求めるとみられる。

最終更新:10/3(月) 15:06

デイリースポーツ

なぜ今? 首相主導の働き方改革