ここから本文です

夜の本気ダンス、新体制初ライブでフルカワユタカと念願の対バン

音楽ナタリー 10/3(月) 17:07配信

昨日10月2日、東京・下北沢SHELTERにてライブイベント「SHELTER 25th Anniversary ~THE REAL THINGS~」が開催。夜の本気ダンスとフルカワユタカによるツーマンライブが行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

SHELTERのオープン25周年記念企画の一環として開催されたこの日の公演は、新ギタリストが加わった夜の本気ダンスの新体制お披露目ライブ。会場には超満員の観客が詰めかけ、彼らの新たな旅立ちを見守った。

先攻として登場したのはフルカワユタカ。「Crazy」のイントロが鳴り響くと大歓声が沸き起こり、場内の熱気は急上昇していった。その後もカディオ(Dr)のダイナミックなドラムがフロアを揺らす「Beast」、ゆったりとしたリズムで会場の空気を変えた「眠りたくない夜は」と、幅広いナンバーで観客を魅了した。

MCに入るとフルカワは「今日は夜の本気ダンスさんと、やっと相まみえることができまして(笑)。前からDOPING PANDAに似てる似てるって言われてたんだけど、今日リハーサルで近くで観たら全然似てないの。なんて言うか、昭和と平成って感じがしたよ(笑)」とこの日の対バン相手について語り、笑いを誘う。そして「彼らはカッコいいライブをしてくれるだろうから、もっとカッコいいところを見せないとな」と意気込み、フロアを沸かせた。

「punish me, hold me」「ボクは、少しズルくなる」をじっくりと聴かせたあと、フルカワは「冬の間にアルバムを出そうと思ってます! 今一生懸命作ってますんでね、期待しててください」と、約3年ぶりのフルアルバムリリースを発表してファンを大喜びさせる。さらに「ツアーもやりますよ! ツアーも夜ダンとのツーマンで! ……いや、嘘ですけど(笑)。ツアーは本当にやります」とツアー開催も明かし、会場をさらに盛り上げた。終盤では「I don't wanna dance」からアッパーチューンを連発。アウトロで華麗なタッピングを披露した「Transient Happiness」、ヘビーなリズムでオーディエンスを踊らせた「beat addiction」に続き、最後は「too young to die」を演奏する。双方のファンは両腕を上げ、彼らの鳴らすサウンドを全身で楽しんでいた。

続く夜の本気ダンスのライブでは、この日が初お披露目となった新メンバー・西田一紀(G)がステージに姿を現すと、ファンが大きな拍手を送る。新体制1曲目として披露されたのは「Crazy Dancer」。パワフルなビートに乗せて会場の気温は一気に上がり、西田がステージ前方でギターソロを奏でると大歓声が起こった。序盤のMCでは鈴鹿秋斗(Dr)が「待ちに待ったこの日がやってきました。新体制で初ライブです! 紹介します、ベースのマイケル!(笑)」とマイケル(B)を紹介。マイケルも「気合い入れてがんばりたいと思うんで……」とそのまま挨拶してボケ返し、ファンを爆笑させた。そんなやり取りのあと、改めて紹介された西田は「初めての人ばかりだと思いますけど、よろしくお願いします」と挨拶。その後も「By My Side」「LOVE CONNECTION」と強力なナンバーを続々と繰り出していった。

中盤では「fuckin' so tired」「Only Nineteen」「B!tch」「You gotta move」の4曲をノンストップでプレイ。米田貴紀(Vo, G)は「無限大ダンスしようぜ!」とDOPING PANDAやフルカワのライブでのコーナー名を引き合いに出してオーディエンスを煽った。その後のMCでマイケルは「米田がドーパン大好きで。『フルカワさんに出てもらえたら……』ってボソッと言ってたのが現実になりました」と、この日の対バンに至った経緯を語り、直前の4曲ノンストップ演奏が敬愛するドーパンへのオマージュだったことも明かす。そんなダンサブルなパフォーマンスから一転し、「Logical heart」からは落ち着いたテンポの楽曲を連続で演奏する。「Dance in the rain」では米田が哀切なメロディを熱唱し、彼らのまた違った一面をアピールした。

ここで鈴鹿は「我々、夜の本気ダンスも来年ワンマンツアーをやります!」とフルカワに続いてツアー開催を発表し、ファンを狂喜させる。「ワンマンですけど、気持ちはフルカワさんとのツーマンですよ! 同じ地方だったら一緒に打ち上げをします!(笑)」と意気込み、双方のファンを笑わせた。そして最後は「Feel so good」「escape with you」「Japanese Style」「WHERE?」をアグレッシブに演奏。狂乱のうちに本編を終了させた。熱狂的なアンコールの拍手に応え、再びステージに登場した4人は「Only Seventeen」をプレイし、オーディエンスを楽しませる。新体制で初とは思えないほど息のぴったり合ったパフォーマンスで、バンドの新たな門出を飾るステージとなった。

SHELTER 25th Anniversary ~THE REAL THINGS~ 2016年10月2日 下北沢SHELTER セットリスト
フルカワユタカ
01. fusion
02. Crazy
03. Beast
04. 眠りたくない夜は
05. punish me, hold me
06. ボクは、少しズルくなる
07. I don't wanna dance
08. beautiful survivor
09. Transient Happiness
10. beat addiction
11. too young to die

夜の本気ダンス
01. Crazy Dancer
02. Oh Yeah
03. By My Side
04. LOVE CONNECTION
05. fuckin' so tired
06. Only Nineteen
07. B!tch
08. You gotta move
09. Logical heart
10. You & I
11. Dance in the rain
12. Feel so good
13. escape with you
14. Japanese Style
15. WHERE?
<アンコール>
16. Only Seventeen

最終更新:10/3(月) 17:07

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]