ここから本文です

ボクサーエンジン50周年、スバルが記念モデル3車種を発表

レスポンス 10/3(月) 20:30配信

富士重工業は10月3日、スバル初のボクサー(水平対向)エンジン搭載車スバル『1000』の発売50周年を記念した特別仕様車3車種を発表した。

[写真26点]

50周年記念モデル第4弾となる『レヴォーグ 1.6GT EyeSight スマートエディション』は、「1.6GT EyeSight」をベースに、アドバンスドセイフティパッケージを標準装備。エクステリアは専用17インチアルミやブラックカラードドアミラーを採用したほか、上級グレード「1.6GT-S EyeSight」と同デザインのLEDヘッドランプ、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを採用。インテリアには運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付スポーツペダルを標準装備とした。価格は290万5200円。発売日は12月12日。

第5弾『クロスオーバー7 アクティブスタイル』は、「2.5i EyeSight」をベースに、インテリアにチャコールグレーとタンカラーを組み合わせた専用撥水シートやリバーシブルカーゴフロアボードを採用し、使い勝手を向上。 また、エクステリアには専用デザインの17インチアルミを採用し、アクティブなイメージを高めた。価格は276万4800円。発売日は10月3日。

第6弾『フォレスター スタイルモダン』は、「2.0i-L EyeSight」をベースに、インテリアではシート表皮にブル―グリーンステッチを施した専用のウルトラスエードシートを採用。エクステリアではサイドウインドゥ全周とサイドクラッディングにクロームモールを採用したほか、オプションとして「S-Limited」に標準装備の18インチアルミ&タイヤを選択可能とした。価格は280万8000円。発売日は10月3日。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/3(月) 20:30

レスポンス