ここから本文です

外国人客に大量のわさび 大阪の寿司店「市場ずし」が謝罪

ITmedia ニュース 10/3(月) 17:41配信

 外国人観光客に、わさびを大量に入れた寿司を提供していたとして、大阪市の寿司チェーン「市場ずし」運営元が10月2日、Webサイトに謝罪文を掲載した。「海外からの客からわさびの増量の要望が非常に多いため、事前確認なしにサービスとして提供した」と釈明している。

 韓国人のネットユーザーが、「市場ずし難波店(大阪・難波)の寿司に大量のわさびが入っていた」「店員から人種差別的な発言を受けた」などと報告。「わさびテロ」などとネットで批判を集めていた。

 運営元の藤井食品はWebサイトで、外国人観光客のすしにわさびを多く入れていたことを認め、「海外から来た客からガリやわさびの増量の要望が非常に多いため、事前確認なしにサービスとして提供したことが、わさびなどが苦手な客に不愉快な思いをさた」と釈明。「今後はこのようなことのないよう、しっかりと対応する」としている。また、従業員による民族差別的な発言は「そのような事実は確認できなかった」としている。

最終更新:10/3(月) 17:41

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。