ここから本文です

小林麻央「ステージ4だって治したい。10年後も生きたい」生きる希望訴える

デイリースポーツ 10/3(月) 15:31配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が3日、ブログで「ステージ4だって治したいです!!!5年後も10年後も生きたいのだー」と生きることへの強い思いを訴えた。

【写真】勸玄くん、麗禾ちゃん、海老蔵、そして麻央…笑顔が並んだ記念の一枚

 麻央はがんの根治を目指す手術ではなく痛みなどからくるストレスや不安などを軽減する「QOL」(生活の質)向上のための手術を受けたことを1日のブログで明かしているが、この日、「心の声」と題したブログで、「私は、一般的には、根治は難しい状態と言われるかもしれません」と自ら切り出した。

 これまで自身で病気についてさまざまなことを調べ、「色々なことも分かっているつもりです」と麻央。根治を一時は諦めかけていたことを明かした上で、「だからこそ、『先生、私は治したいんです。奇跡を起こしたいんです!!』と言いました」と何度かの転院の後、現在の主治医に出会い、生きたい、治したい、奇跡を起こしたいという気持ちが沸き起こり、「ついに心の声を言えた」と伝えた。

 夢や目標を抱き、それを口にすることは「恥ずかしいことなんかではないと思います」と病気と闘う人たちに向けて応援のメッセージを送り、「私はステージ4だって治したいです!!!遠慮している暇なんてありません!!だって、先生にも私は、奇跡を起こしたい患者なんだって思っていてもらいたいです」と奇跡を起こすという強い意志を改めて表明。

 「だから、堂々と叫びます!5年後も10年後も生きたいのだーっあわよくば30年!いや、40年!50年は求めませんから」と強く強く訴えた。

 “生”への強い思いが伝わってくるこのブログの最後は「そのためにできることはやる。コツコツはカツコツ!」と麻央らしくユーモアをまじえた言葉で締めくくられている。

最終更新:10/3(月) 19:51

デイリースポーツ