ここから本文です

ビーム“緊急事態”で新サービス、生番組や毎月50冊以上が読める単行本配信

コミックナタリー 10/3(月) 17:38配信

月刊コミックビーム(KADOKAWA)が、ニコニコチャンネルにて新サービス「読もう! コミックビーム」を開始した。ニコニコ動画では「ビーム緊急事態宣言」と題して、サービス開始の経緯を奥村勝彦編集総長と岩井好典編集長が解説するムービーが公開されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「読もう! コミックビーム」は、月額1980円の会員サービス。スマートフォン専用アプリでの展開をメインに、今後PCへの対応も予定されている。月1で生番組「マンガ実況」を配信し、10月15日放送の第1回には、おおひなたごう、上野顕太郎、評論家の呉智英、地下アイドル・ライターの姫乃たま、奥村編集総長と岩井編集長が登場。「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」とビーム11月号を読みながら、本気のマンガ論や脱線トークを披露する。はじめの1時間半は無料放送のため、チャンネル会員以外も視聴可能だ。

またマンガ家との打ち合わせやインタビューなど、さまざまな音声・動画を随時アップ。「丸尾末広 打ち合わせ隠し録り」「松田洋子 ドラマ『ママゴト』ぶっちゃけトーク」「桜玉吉 伊豆からのビデオレター」など、ほかでは見られないレアコンテンツが展開される。そのほか電子版ビーム最新号の配信、毎月50冊以上のビームコミックスがまるごと読める試し読みなども実施。奥村編集総長によるビデオ付きメルマガなど、編集部員発の企画も用意される。

なおチャンネルオープン記念として特典も用意。10月中に会員登録手続きをした人には、ビーム電子版2016年3月号から10月号の8号分がプレゼントされる。会員登録の手順や今月の配信タイトルなど詳細は、公式サイトにて確認を。

最終更新:10/3(月) 17:38

コミックナタリー