ここから本文です

ワイヤレスゲート、産業用IoT向けの高速通信プラットフォームを提供へ

ITmedia Mobile 10/3(月) 19:01配信

 ワイヤレスゲートとモバイル・インターネットキャピタルが10月3日、合弁会社、LTE-Xを設立したことを発表した。産業用IoT向けに高速通信プラットフォームを提供する。

 機械に通信機能を埋め込み、機器間で通信をするM2Mの分野では、低速・低容量のデータ通信サービスが主に提供されているが、LTE-Xでは高速、大容量、高セキュリティの通信サービスを目指す。工場、病院、セキュリティ、物流の市場を主なターゲットに据えている。

 高速通信プラットフォームでは、米nCore Communicationsが持つ「LTE over Wi-Fi」のLTEトネリング技術を用いる。LTE over Wi-Fiでは、Wi-FiアクセスポイントをLTE基地局のように動作させ、LTEの通信機能をWi-Fiネットワーク上で実現できるという。そのため、LTE基地局設立の投資をせず、安価にプラットフォームを構築できる。

 LTE-Xは、2016年中にプラットフォームのシステムを完成させ、2017年初頭に商用サービスを開始する予定。

最終更新:10/3(月) 19:01

ITmedia Mobile