ここから本文です

大原櫻子が舞台「Little Voice」に主演、歌で人生切り開く少女演じる

音楽ナタリー 10/3(月) 18:06配信

大原櫻子が2017年5月15日から28日まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される舞台「Little Voice(リトル・ヴォイス)」で主演を務める。

「Little Voice(リトル・ヴォイス)」は自分の殻に閉じこもり部屋から出られない少女リトル・ヴォイスが、歌の力で自らの人生を切り拓いていく物語。1992年にロンドンのロイヤル・ナショナル・シアターにてサム・メンデス演出で初演され、1998年にはマーク・ハーマン監督によって映画化もされている。

今回の舞台版では主人公のリトル・ヴォイスを大原が、その母マリー・ホフを安蘭けいが演じる。演出を手がけるのは劇団チョコレートケーキの日澤雄介。チケットの一般発売は2017年2月を予定している。

「Little Voice(リトル・ヴォイス)」
2017年5月15日(月)~28日(日)(予定)東京都 天王洲 銀河劇場
※2017年6月に地方公演を予定。

最終更新:10/3(月) 18:06

音楽ナタリー