ここから本文です

税込み3万5000円で23.8型4K表示の高画素密度ディスプレイが登場!

ITmedia PC USER 10/3(月) 19:40配信

 ディスプレイ売り場で目立っていたのは、LG電子の23.8型4Kディスプレイ「24UD58-B」。AH-IPSのノングレア液晶パネルを採用し、税込み価格は3万5000円前後となる。

【アキバ店頭の様子】

 デスクトップPC向け4Kディスプレイとして価格もサイズも破格の存在といえるモデルで、展示機を眺めるユーザーも多かった。

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「まずインパクトがあるのは価格以上にドットの細かさですよね。エクセルを全画面で立ち上げてみると、その目の小ささに驚きます。スマホでもノートPCでも4Kモデルがありますが役割が違います。デスクトップPC用ディスプレイはキーボードの向こう側に固定されているのが普通で、ノートPCの画面よりもさらに遠くに置かれるのが普通ですから」と話す。

 実際、展示機を前に「俺にはちょっと使い込ませないわ……」とつぶやくユーザーもいた。精密な写真表現を喜ぶというより、目の細かすぎる方眼紙にとまどうといった感触に近い。

 ただ、24UD58-Bの登場で業界の常識が変わるとの見方もある。別のショップは「高画素の4Kディスプレイがここまで低価格で登場したということは、LG電子を先頭にライバル各社もこの仕様でどんどん投入してくる腹づもりかもしれません。3万円台の4Kディスプレイが24型前後で多数出てくれば主流を形成してもおかしくない。すると、ユーザー側もアプリごとにズームして使うのが当たり前になるでしょう」と話していた。今後のディスプレイトレンドに要注目だ。

●簡易水冷つきGTX 1080が税込み9万円台前半!――Manli「M-NGTX1080H/5RGHDPPP」

 グラフィックスカードでは、ManliのGeForce GTX 1080カード「M-NGTX1080H/5RGHDPPP」に注目が集まっていた。12cmファンつきのラジエーターを採用した簡易水冷システムを採用したモデルで、税込み価格は9万2000円前後となる。冷却液充填済みの状態で出荷しており、パッケージは取っ手つきの重厚な作りになっている。

 入荷したドスパラ パーツ館は「低価格なGeForce系カードで有名なManliですが、簡易水冷つきでこのお値段はかなり攻めこんだ印象ですね。しかも2年保証をつけているので、品質にも自信がうかがえます。チューブも長めなので取り付けやすいのではないでしょうか」と高く評価していた。

 なお、水冷用ブロックを採用したモデルとしては7月初旬からMSIの「GeForce 1080 SEA HAWK EK X」(税込み12万円弱)が出回っており、現在も安定した人気を得ている。さらに先週末には、ZOTACから「GeForce GTX 1080 ArcticStorm」が税込み12万円弱で登場。こちらもG1/4サイズのフィッティングを採用している。

●水冷対応! 光対応! シャーシ一新のabeeケース「AS Enclosure RS06/RZ600」が登場

 PCケース売り場で店員氏の話題になっているのが、abeeのmini-ITXケース「AS Enclosure RS06」とATXミドルタワーケース「AS Enclosure RZ600」だ。税込み価格は3万4000円強と4万円強となる。

 いずれも左右側面パネルには透明性のあるスモークブラックのアクリル素材を採用しており、内部のLEDライトが透ける仕組みになっている。また、シャーシ構造も一新しており、上面に水冷ラジエーターが取り付けやすくなったほか、フロント側の自由度も増している。

 入荷したTSUKUMO eX.は「abeeらしい重厚感とすっきりとした外観をそのままに、今風に進化した印象ですね。新シャーシモデルの登場は軽く1年振りになるので、一気にトレンドに寄せてきた感があります。この2モデルは定番になり得ると思います」とコメントしていた。

●ASUSTeKの高速ルーター「RT-AC85U」&アダプタ「USB-AC68」がデビュー

 ネットワーク関連の注目株は、ASUSTeKの無線LANルーター「RT-AC85U」と無線LANアダプタ「USB-AC68」だ。税込み価格は順に2万1000円強と1万円前後。

 RT-AC85UはIEEE 802.11ac/a/b/g/nに対応したモデルで、11ac時に最速1734Mbps、11n時に800Mbpsの高速通信が可能になる。有線LANポートはWAM側1機とLAN側4機で、接続したストレージをNAS化できるUSB 3.0ポートも1機備えている。入荷したTSUKUMO eX.は「アンテナを外部に出さないタイプでは最速のルーターになると思います。設置場所の自由度が高いので、安定した人気が出そうです」と話していた。

 USB-AC68はUSB 3.0接続の無線LANアダプタで、IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応する。11ac時最大1300Mbps、11n時最大600Mbpsの通信を実現し、給電は通信用USBポートから行う。クレードルを付属しており、本体を垂直に立てて外部アンテナを伸ばて使うことができる。同店は「こちらもUSB接続のアダプタでは最速です。着脱が簡単な無線LANアダプタを探している人や、小型PCやノートPCで内部にアダプタを組み込めない場合に重宝するでしょう」とプッシュしていた。

最終更新:10/3(月) 19:40

ITmedia PC USER