ここから本文です

こち亀トリビュートがジャンプで!堀越耕平、麻生周一ら1ページマンガ寄稿

コミックナタリー 10/3(月) 19:08配信

本日10月3日に発売された週刊少年ジャンプ44号(集英社)で、秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」のトリビュート企画「みんなのこち亀」がスタートした。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「みんなのこち亀」ではジャンプ作家がそれぞれ「こち亀」のトリビュートマンガを執筆。今号には堀越耕平、麻生周一、附田祐斗、沼駿、島袋光年による1ページマンガが掲載された。以降田村隆平、仲間りょう、古味直志、篠原健太、椎橋寛、松井優征が「こち亀」を題材にした描き下ろしマンガを寄稿する。

このほか今号では、井谷賢太郎「たくあんとバツの日常閻魔帳」が最終回を迎えた。10月8日発売の次号週刊少年ジャンプ45号では、「三ツ首コンドル」の石山諒による新連載「歪のアマルガム」が始動する。

「みんなのこち亀」執筆陣
週刊少年ジャンプ46号(10月17日発売):田村隆平
週刊少年ジャンプ48号(10月31日発売):仲間りょう
週刊少年ジャンプ49号(11月7日発売):古味直志
週刊少年ジャンプ50号(11月14日発売):篠原健太
週刊少年ジャンプ51号(11月21日発売):椎橋寛
週刊少年ジャンプ52号(11月28日発売):松井優征

最終更新:10/3(月) 19:08

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]